MySQL 5.6リファレンスマニュアル

MySQL Cluster Ndb 7.3-7.4リファレンスガイド付属

概要

これはmysql™リファレンスマニュアルです。ここでは,mysql 5.6(5.6.23まで)と,バージョン7.3と7.4のNDB.に基础たmysql群集リリース(それぞれ5.6.22-ndb-7.3.9と5.6.22-ndb-7.4.4まで)についてについて明します。

MySQL 5.6の机组このマニュアルでは,mysql 5.6のエディションによっては含まていない能についてについて明します。このこのな机能。このような机能はれいるmysql 5.6のいるに含まれいないがエディションます.mysql 5.6の使用しているに含ま含ま能には质问あるある合,Mysql 5.6ライセンス契约をいただくか,oracleセールス担当者に连络ててくださいください。

各リリースの変更内容の詳細は,mysql 5.6リリースノートを参照してください。

那个情况的报报,法律的通讯を参照してください。

ドキュメント生成日:2020-11-05(修订:202)

目次

序文と法的通知
1一般性的东西
1.1このマニュアルについて
表1.2記規則および構文規則
1.3 MySQLデータベースベース定理システムの概要
1.3.1 mysqlとは
1.3.2 mysqlの主な机能
1.3.3 MySQLの歴史
1.4 MySQL 5.6の新機能
1.5 MySQLの情報源
1.5.1 MySQLメーリングリスト
1.5.2 mysqlフォーラムにおけるmysqlコミュニティーサポート
1.5.3 IRC(インターネットインターネットチャット)のmysqlコミュニティーサポート
1.5.4 MySQL企业
1.6質問またはバグをレポートする方法
1.7 mysqlの标准への准拠
1.7.1标准sqlに対するmysql拡张机械
1.7.2 mysqlと标准sqlとの违い
1.7.3 MySQLにおける制約の処理
1.8クレジット
1.8.1 mysqlへの贡献者
1.8.2ドキュメント作物成者および翻訳者
1.8.3 MySQLをサポートするパッケージ
1.8.4 mysqlの作物成に使用されたツール
1.8.5 mysqlのサポータ
2 mysqlのインストールとと新
2.1一般的なインストールガイド
2.1.1 MySQL社区服务器がサポートしているオペレーティングシステム
2.1.2インストールするmysqlのバージョンと配布の选択
2.1.3 mysqlの取得方法
2.1.4 MD5チェックサムまたはGnuPGを用いたパッケージの完全性の確認
2.1.5インストールのレイアウト
2.1.6コンパイラ固有のビルドの特徴
2.2一般的なバイナリを使使用したmysqlのunix/ linuxへのインストール
2.3 Microsoft WindowsにMySQLをインストールする
2.3.1 Microsoft Windows上でのmysqlのインストールレイアウト
2.3.2インストール用パッケージの
2.3.3 MySQL安装程序を站用したMySQLのMicrosoft Windowsへのインストール
2.3.4 MySQL通知
2.3.5非インストールZipアーカイブを使用してMicrosoft WindowsにMySQLをインストールする
2.3.6 Microsoft Windows MySQL服务器インストールのトラブルシューティング
2.3.7 Windows上のMySQLをアップグレードする
2.3.8 Windowsでのインストール後の手順
2.4 OS Xにmysqlをインストールする
2.4.1 OS Xへのmysqlのインストールに关键词
2.4.2ネイティブパッケージを使用してOS XにMySQLをインストールする
2.4.3 mysql vieworeデーモンインストール
2.4.4 MySQL起動アイテムのインストール
2.4.5 MySQL偏好窗格ののと使用
2.5 LinuxにMySQLをインストールする
2.5.1 mysql yumリポジトリリポジトリを使使用してmysqlをlinuxにインストールする
2.5.2サードパーティーのMySQL配布をMySQL百胜リポジトリを使用して置換する
2.5.3 MySQL APTリポジトリリポジトリ使用してmysqlをlinuxににする
2.5.4 MySQL SLESリポジトリリポジトリ使使用してmysqlをlinuxにインストールする
2.5.5 rpmパッケージを使を使用してmysqlをlinuxにインストールする
2.5.6オラクルからのDebianパッケージを使用してMySQLをLinuxにインストールする
2.5.7ネイティブソフトウェアリポジトリからmysqlをlinuxにインストールする
2.6不可用的Linux网络(ULN)をを用したmysqlのインストール
2.7 Solarisおよびopensolarisにmysqlをインストールする
2.7.1 Solaris PKGをを使用してsolarisにmysqlをインストールする
2.7.2 ipsを使使用してmysqlをopensolarisにインストールする
2.8 FreeBSDにMySQLをインストールする
2.9ソースソースmysqlををする
2.9.1ソースインストールのMySQLのレイアウト
2.9.2标准ソース配布を使用してmysqlをインストールする
2.9.3开発ソースツリーを使てmysqlをインストールするする
2.9.4 mysqlソースソース成オプション
2.9.5 mysqlのコンパイルに关键词
2.9.6 MySQLの構成とサードパーティーツール
2.10インストール後のセットアップとテスト
2.10.1 Unix類似システムでのインストール後の手順
2.10.2最初のmysqlアカウントのセキュリティー设定
2.11 mysqlのアップグレードとダウングレード
2.11.1 mysqlのグレードグレード
2.11.2 mysqlのダウングレード
2.11.3テーブルテーブルまたはインデックスインデックスの再が必要かかどうかの
2.11.4テーブルまたはインデックスの再作成または修復
2.11.5 mysqlデータベースののほかマシンへのコピー
2.12環境変数
2.13 Perlのインストールに关键词
2.13.1 UNIXにperlをインストールする
2.13.2 Windowsに激活Perlをインストールする
2.13.3 Perl DBI / DBDインタフェース使用の問題
3チュートリアル
3.1サーバーサーバーへのの接続とサーバーのの
3.2クエリーのの力
3.3データベースの作成と使用
3.3.1データベースの作物成と选択
3.3.2テーブルの作作
3.3.3テーブルへのデータのロード
3.3.4テーブルテーブルからのの情情情
3.4データベースとテーブルに关键词の取得
3.5バッチモードでのmysqlの使用
3.6一般的なクエリーの例
3.6.1カラムカラムの大値
3.6.2特点のカラムの最最が格式さている行
3.6.3グループごとのカラムの大大値
3.6.4特点のカラムのごとの最大値が格式されている行
3.6.5ユーザー定义の分数の使用
3.6.6外部キーの使用
3.6.7 2つのキーを使用した検索
3.6.8日ごとの訪問数の計算
3.6.9 auto_incrementのの用
Apache 3.7でのMySQLの使用
4 mysqlプログラム
4.1 MySQLプログラムの概要
4.2 mysqlプログラムの使使用
4.2.1 mysqlプログラムの起动
4.2.2 mysqlサーバーへの接続
4.2.3プログラムオプションの指定
4.2.4コマンド行でのオプションの使用
4.2.5プログラムオプション修飾子
4.2.6オプションファイルの使用
4.2.7オプションオプションファイルののののにするする行オプション
4.2.8プログラムプログラム数の设定のののの使用
4.2.9オプションのデフォルト,値を想定するオプション,および=記号
4.2.10環境変数の設定
4.3 mysqlサーバーとサーバー起起起
4.3.1mysqld.- mysqlサーバー
4.3.2mysqld_safe.- mysqlサーバー起动词
4.3.3mysql.server- mysqlサーバー起动词
4.3.4mysqld_multi- 复数のmysqlサーバーサーバー管理
4.4 mysqlインストール关键词
4.4.1Comp_err.- mysqlエラーメッセージファイルのコンパイル
4.4.2mysqlbug.- バグレポートの生成
4.4.3mysql_install_db.- Mysqlデータディレクトリのののの期化
4.4.4mysql_plugin- mysqlサーバープラグインのの成
4.4.5mysql_secure_installation.- mysqlインストールのセキュリティー改善
4.4.6mysql_tzinfo_to_sql.- タイムゾーンテーブルのロード
4.4.7mysql_upgrade.- mysqlテーブルのチェックとアップグレード
4.5 MySQLクライアントプログラム
4.5.1.mysql——MySQLコマンド行ツール
4.5.2mysqladmin- MySQLサーバーの管理を行う
4.5.3mysqlcheck.- テーブル保守プログラム
4.5.4mysqldump.- データベースバックアッププログラム
4.5.5mysqlimport- データインポートプログラム
4.5.6mysqlshow- データデータ,テーブル,およびカラム情情表示
4.5.7mysqlslap.- 负荷エミュレーションクライアント
4.6 MySQL管理プログラムおよびユーティリティープログラム
4.6.1.innochecksum.- オフラインinnodbファイルチェックサムユーティリティー
4.6.2myisam_ftdump- 全文インデックス情情のの
4.6.3myisamchk.- Myisamテーブルメンテナンスユーティリティー
4.6.4Myisamlog.- Myisamログファイルの内容の表示
4.6.5yyisampack.- 圧缩された読み取り読み取り使用のmyisamテーブルの生成
4.6.6mysql_config_editor.- mysql构成ユーティリティー
4.6.7mysqlaccess.——アクセス権限をチェックするクライアント
4.6.8mysqlbinlog.- バイナリログバイナリログファイルをを处处するのの
4.6.9mysqldumpslow- スロークスロークエリーログファイルのの
4.6.10mysqlhotcopy.- データベースバックアッププログラム
4.6.11mysql_convert_table_format.- 指定されたストレージエンジン使使するためのテーブルの変换
4.6.12mysql_find_rows- ファイルからのsqlステートメントの抽出
4.6.13mysql_fix_extensions- テーブルファイル名称の张张子の正式化
4.6.14mysql_setpermission- 付与付与テーブルに可をにに
4.6.15mysql_waitpid- プロセスプロセスを强制终了终了して终了を机
4.6.16mysql_zap- パターンに一般するプロセスを终了终了
4.7 MySQLプログラム開発ユーティリティー
4.7.1msql2mysql.——mSQLプログラムをMySQLで使用するために変換
4.7.2mysql_config——クライアントのコンパイル用オプションの表示
4.7.3my_print_defaults.- オプションオプションファイルからからのオプションの
4.7.4resolve_stack_dump- 数量値スタックトレースダンプシンボルに解决
4.8その他のプログラム
4.8.1Perror.- エラーエラーコードの明
4.8.2代替- 文件列置换ユーティリティー
4.8.3.解析- ホスト名とipアドレスの解决
5 mysqlサーバーの致理性
5.1 MySQL服务器
5.1.1サーバーオプションおよびおよびリファレンス
5.1.2サーバーサーバー成のデフォルト値
5.1.3サーバーコマンドオプション
5.1.4サーバーシステム数
5.1.5システムシステム数の使用
5.1.6サーバーステータス変数
5.1.7サーバーsqlモード
5.1.8サーバープラグイン
5.1.9 IPv6サポート
5.1.10サーバー側のヘルプ
5.1.11シグナルシグナルへのサーバーサーバー
5.1.12シャットダウンプロセス
5.2 MySQL Serverログ
5.2.1一般クエリーログおよびスロークのの力先の选択
5.2.2エラーログ
5.2.3一般
5.2.4バイナリログ
5.2.5スロークエリーログ
5.2.6 DDLログ
5.2.7サーバーログの保守
5.3 1つのマシン上でのの数のmysqlインスタンスの実行
5.3.1分数のデータディレクトリのセットアップ
5.3.2 Windows上でのの数のMySQLインスタンスの実行
5.3.3 Unix上での複数のMySQLインスタンスの実行
5.3.4複数サーバー環境でのクライアントプログラムの使用
5.4 DTraceを使用したmysqldのトレース
5.4.1 mysqld dtraceプローブリファレンス
6岁
6.1一般的なセキュリティーの
6.1.1セキュリティーガイドライン
6.1.2パスワードをセキュアな状态にする
6.1.3攻撃者に対するMySQLのセキュアな状態の維持
6.1.4セキュリティー関連のmysqldオプションおよび変数
6.1.5 MySQLを通常ユーザーとして実行する方法
6.1.6加载数据本地ののセキュリティーの
6.1.7クライアントプログラミングのセキュリティーガイドライン
6.2 MySQLアクセス権限システム
6.2.1 mysqlで提供さされるれる
6.2.2无限システム付与テーブル
6.2.3アカウント名の指定
6.2.4アクセスアクセス,ステージ1:接続の検证
6.2.5アクセス制御,ステージ2:リクエストの确认
6.2.6极限変更が有效される时期
6.2.7アクセス拒否エラーの原因
6.3 MySQLユーザーアカウントののの管
6.3.1ユーザー名とパスワード
6.3.2ユーザーユーザーアカウントの加
6.3.3ユーザーアカウントの削除
6.3.4アカウントリソース极限のの
6.3.5アカウントパスワードの割り当て
6.3.6パスワードの期限切れとサンドボックスモード
6.3.7プラガブル认证
6.3.8 MySQLで使使使使な认证
6.3.9プロキシユーザー
6.3.10セキュアセキュアな接続のためsslの使用
6.3.11 SSHをを用したたからmysqlへのリモート接続
6.3.12 MySQL Enterprise Auditログログ
6.3.13 SQLベースのMySQLアカウントアクティビティーの監査
7バックアップとリカバリ
7.1バックアップとリカバリの种类
7.2データデータベース方法
7.3バックアップバックアップおよびリカバリ戦略の例
7.3.1バックアップポリシーの确立
7.3.2リカバリへのバックアップバックアップ使用
7.3.3バックアップ戦略サマリー
7.4バックアップへのmysqldumpの使用
7.4.1 mysqldumpによるsqlフォーマットでのデータダンプダンプ
7.4.2 SQLフォーマットバックアップのリロード
7.4.3 mysqldumpによるによる区切り区切りテキストフォーマットででのの
7.4.4区切り区切りテキストフォーマットバックアップのの
7.4.5 mysqldumpのヒント
7.5バイナリログを使用したポイントインタイム(増分)リカバリ
7.5.1イベント时间をを使用したポイントインタイム
7.5.2イベントの位置を使使たポイントインタイムリカバリ
7.6 myisamテーブルの保守とクラッシュリカバリ
7.6.1クラッシュリカバリへのmyisamchkの使用
土壤质素MyISAMテーブルのエラーのチェック方法
7.6.3 Myisamテーブルテーブル修复方法
7.6.4 myisamテーブルテーブル最适化化
7.6.5 myisamテーブル保守スケジュールのセットアップ
8最适化
8.1最最适化の
8.2 SQLステートメントステートメント最适化
8.2.1选择ステートメントの最適化
8.2.2 DMLステートメントステートメント最适化
8.2.3データベース极限のの化
8.2.4 INFORMATION_SCHEMAクエリーの最適化
8.2.5その他の最適化のヒント
8.3最适化とインデックス
8.3.1 MySQLのインデックスの使用の仕組み
8.3.2主キーの使用
8.3.3外部キーの使用
8.3.4カラムインデックス
8.3.5マルチカラムインデックス
8.3.6インデックスの使使用のの
8.3.7 InnoDBおよびmyisamインデックス统计コレクション
8.3.8 Bツリーインデックスとハッシュインデックスの比較
8.4データデータベース构造の最适最适
8.4.1データデータサイズのの化
8.4.2 mysqlデータ型の最适の化
8.4.3多数のテーブルの最適化
8.4.4 mysqlが内部一时テーブルテーブル使使使
8.5 Innodbテーブルの最适最适化
8.5.1 InnoDBテーブルのストレージストレージの最适化化
8.5.2 InnoDBトランザクション致理性のの化
8.5.3 InnoDBロギングの最适最适化
8.5.4 InnoDBテーブルの一括データロード
8.5.5 Innodbクエリークエリー最适最适化
8.5.6 InnoDB DDL操作用の最适化
8.5.7 InnoDBディスクI / Oの最適化
8.5.8 InnoDB構成変数の最適化
8.5.9多重のテーブルのあるinnnodbの最适适适
8.6 MyISAMテーブルの最適化
8.6.1 Myisamクエリーの最适最适化
8.6.2 Myisamテーブルの一括
8.6.3维修表ステートメントの速度
8.7记忆テーブルの最适化
8.8クエリー実行プランプラン理解
8.8.1解释によるによるクエリーの最适
8.8.2解释出力フォーマット
8.8.3解释延长出力フォーマット
8.8.4クエリーパフォーマンスの推定
8.8.5クエリーオプティマイザの制御
8.9バッファリングとキャッシュ
8.9.1 InnoDBバッファープール
8.9.2 myisamキーキャッシュ
8.9.3 MySQLクエリーキャッシュ
8.9.4プリペアドステートメントおよびストアドプログラムのキャッシュ
8.10ロックロック作品の最适化
8.10.1内部ロック方法
8.10.2テーブルロックの问题
8.10.3即时插入
8.10.4メタデータのロック
8.10.5外部ロック
8.11 MySQLサーバーの最適化
8.11.1システム要素およびスタートアップパラメータのチューニング
8.11.2サーバーパラメータのチューニング
8.11.3ディスクi/ oのの最最化化
8.11.4メモリーのの使用のの化
8.11.5ネットワークの使使使用のの化
8.11.6スレッドプールプラグイン
8.12パフォーマンスの测定(ベンチマーク)
8.12.1式と关键のの测定
8.12.2 mysqlベンチマークスイート
8.12.3独自のベンチマークの使用
8.12.4 Performance_schemaによるパフォーマンスの测定
8.12.5スレッド情情のの
9言语构造
9.1リテラル値
9.1.1文字列リテラル
9.1.2数値リテラル
9.1.3日付リテラルと時間リテラル
9.1.4 16次数リテラル
9.1.5 Booleanリテラル
9.1.6ビットフィールドリテラル
9.1.7 null値
9.2スキーマオブジェクト名
9.2.1识别子の修饰子
9.2.2识别子の大文字と小文字の区别
9.2.3识别子とファイル名のマッピング
9.2.4関数名の構文解析と解決
9.3予约语
9.4ユーザー定義変数
9.5式の构文
9.6コメントの构文
10岁
10.1文件セットのサポート
大家一般の文字セットおよび照合順序
10.1.2 mysqlでのの字セットと合
10.1.3文字セットと照合順序の指定
10.1.4接続文字セットおよび照合順序
10.1.5アプリケーションの文字セットおよび照合順序の構成
10.1.6エラーメッセージの文章セット
10.1.7综合顺序问题
10.1.8文件列のレパートリー
10.1.9文件セットのサポート影响を受ける演算
10.1.10 Unicodeのの
10.1.11以前のUnicodeサポートから現在のUnicodeサポートへのアップグレード
10.1.12メタデータ用のutf - 8
10.1.13カラム文库セットの変换
10.1.14 mysqlでサポートサポートれる文本セットと照合并顺序
10.2エラーメッセージ言語の設定
10.3文件セットセット追加
10.3.1文字定义配列
10.3.2复雑な文库セットの文列列列のサポート
10.3.3复雑な文字セットマルチマルチバイト字のサポート
10.4文字セットへののの顺序の加
10.4.1照合順序の実装タイプ
10.4.2结合顺序idのの
10.4.3 8ビットの文字セットののなな合并顺序顺序加
10.4.4 Unicode文字セットへのUCA照合順序の追加
10.5文件セットのの成
10.6 MySQL Serverででのタイムゾーンのの
10.6.1タイムゾーンの変更による現在の時間の維持
10.6.2タイムゾーンのうるう秒のサポート
10.7 MySQL Serverののロケール
11データ型
11.1データ型の概要
11.1.1数码型の概要
11.1.2日付と時間型の概要
11.1.3文件列型の概要
11.2数码型
11.2.1分数型(真数値) - 整数,int,smallint,tinyint,媒介,bigint
11.2.2固定小数(真数値) - 十进制,数字
11.2.3移动小数(概数値) - 浮动,双
11.2.4ビットビット - 位
11.2.5数码型の属性
11.2.6範囲外およびオーバーフローの処理
11.3日付と時間型
11.3.1日期,DATETIME,および时间戳型
11.3.2时间型
11.3.3年型
11.3.4年(2)の制限と年(4)への移行
11.3.5时间戳およびDATETIMEの自动寿期化および新机构
11.3.6时间値値の小数秒
11.3.7日付と時間型間での変換
11.3.8日付での2桁の年
11.4文件列型
11.4.1 CHARおよびvarchar型
11.4.2二进制およびvarbinary型
11.4.3 Blob型と文本型
11.4.4枚举型
11.4.5设置型
11.5空间データの拡张
11.5.1空间データ型
11.5.2 OpenGIS幾何モデル
11.5.3空間データの使用
11.6データデータ型デフォルト
11.7データデータ型のの要要
11.8カラムに适した型のの
11.9そのその他のデータデータベースのデータ型の用
12关节
12.1关节と子の
12.2式式评価での型変変
12.3演算子
12.3.1演算子の顺位
12.3.2比较关键词
12.3.3管理演算子
12.3.4割り当て割り当て子
12.4制御フロー关圈
12.5文库列关联
12.5.1文字列比较关有关系
12.5.2正规表现
12.6数学关节
12.6.1算術演算子
12.6.2数学相关
12.7日付および时间关流
12.8 MySQLで使用されるカレンダー
12.9全文学相关数
12.9.1自然言语全文学検索
12.9.2ブール全文検索
12.9.3クエリー拡张を使用した全文学検索
12.9.4全文ストップワード
12.9.5全文贷款
12.9.6 mysqlの全文検索の调整
12.9.7全文インデックス作物用途の结合顺序の加
12.10キャスト関数と演算子
12.11 XML関数
12.12ビット有关部
12.13暗号化関数と圧縮関数
12.14内部有关部
12.15空间分析关词
12.15.1空间关节
12.15.2空间关节数量管理
12.15.3 WKT値から几何を作用成相关数
12.15.4 WKB値から幾何値を作成する関数
12.15.5几何値を作作作作作作者yeysql含有问题
12.15.6幾何形式変換関数
12.15.7幾何プロパティー関数
12.15.8空间演算子有关
12.15.9几何オブジェクトオブジェクト间隔空间关键词关键词关联
12.16グローバルトランザクションIDとともに使用される関数
12.17 MySQL企业加密の関数
12.17.1企业加密のインストール
12.17.2 Enterprise Encryptionの使用方法と例
12.17.3企业加密関数のリファレンス
12.17.4企业加密关关の说明
12.18その他の关节
12.19 Group by句句使使用词关键
12.19.1 GROUP BY(集約)関数
12.19.2集团由修修子
12.19.3 MySQLでのGROUP BYの処理
12.20高精度计算
12.20.1数値の型
12.20.2十进制データ型の特性
12.20.3式式制剂
12.20.4丸め動作
12.20.5高精度计算计算の
13个SQLステートメントの構文
13.1データ定義ステートメント
13.1.1 Alter Database构文
13.1.2 ALTER EVENT构文
13.1.3 ALTER LOGFILE GROUP构文
13.1.4改变函数構文
13.1.5改变过程構文
13.1.6 ALTER SERVER构文
13.1.7 ALTER TABLE構文
13.1.8 ALTER TABLESPACE构文
13.1.9 Alter View构文
13.1.10创建数据库構文
13.1.11创建活动构文
13.1.12创建功能构文
13.1.13创建索引构文
13.1.14创建日志文件组構文
13.1.15创建过程および创建功能构文
13.1.16创建服务器構文
13.1.17创建表构文
13.1.18创建表空间構文
13.1.19创建触发器構文
13.1.20创建视图构文
13.1.21下降数据库構文
13.1.22下降事件构文
13.1.23 Drop功能构文
13.1.24下降指数構文
13.1.25 Drop Logfile Group构文
13.1.26下降程序および丢弃功能构文
13.1.27 Drop服务器构文
13.1.28下降表构文
13.1.29掉落表空间构文
13.1.30下降触发構文
13.1.31下降视图构文
13.1.32重命名表构文
13.1.33截断表构文
13.2データ作业
13.2.1致电构文
13.2.2删除构文
13.2.3 DO构文
13.2.4处理器構文
13.2.5插入构文
13.2.6加载数据INFILE构文
13.2.7加载XML构文
13.2.8替换构文
13.2.9选择構文
13.2.10サブクエリー构文
13.2.11更新构文
13.3 mysqlトランザクションおよびロックステートメント
13.3.1启动交易,提交,および滚动构文
13.3.2ロールバックできないステートメント
13.3.3暗黙的なコミットを発生させるステートメント
13.3.4保存,保存点回滚,およびRELEASE SAVEPOINT構文
13.3.5锁桌および解锁表构文
13.3.6集交易构文
13.3.7 XAトランザクション
13.4レプリケーションステートメント
13.4.1マスターサーバーを制御するためのSQLステートメント
13.4.2スレーブサーバーを制御するのsqlステートメント
13.5準備済みステートメントのためのSQL構文
13.5.1准备构文
13.5.2执行構文
13.5.3 Deallocate准备构文
13.6 MySQL综合ステートメント构文
13.6.1开始......结束综合ステートメント构文
13.6.2ステートメントラベルの构文
13.6.3宣布构文
13.6.4ストアドプログラム内の変数
13.6.5フロー制御ステートメント
13.6.6カーソル
13.6.7条件条件管理
13.7データデータ管理ステートメント
13.7.1アカウント致理性
13.7.2テーブル保守ステートメント
13.7.3プラグインおよびユーザー定義関数ステートメント
13.7.4集构文
13.7.5显示構文
13.7.6その他の管理ステートメント
13.8 mysqlユーティリティーステートメント
13.8.1描述构文
13.8.2解释构文
13.8.3帮助構文
13.8.4使用构文
14 Innodbストレージエンジン
14.1 InnoDB入门
14.1.1デフォルトデフォルトmysqlストレージエンジンとしてinnnodb
14.1.2 InnoDBの可用性チェック
14.1.3 Innodbの无效化
14.2 InnoDBの概念とアーキテクチャー
14.2.1 mysqlおよび酸モデル
14.2.2 InnoDBののトランザクションモデルおよびおよび
14.2.3 InnoDBのロックモード
14.2.4一件非ロック読み取り
14.2.5ロック読み取り(选择…更新および选择……锁定共享模式)
14.2.6 InnoDBのレコード,ギャップ,およびネクストキーロック
14.2.7ネクストキーロックによるファントム问题の回避
14.2.8 InnoDBのさまざまなSQLステートメントで设定されたロック
14.2.9暗黙的なトランザクションコミットとバックバック
14.2.10デッドロックの検出とロールバック
14.2.11デッドロックの対处方法
14.2.12 InnoDBマルチバージョン
14.2.13 InnoDBテーブルおよびインデックスの構造
14.3 Innodbの构成
14.3.1読み取り専用操作用のInnoDBの構成
14.4 Innodbの致理性
14.5 InnoDBテーブルスペース管理
14.5.1 InnoDBテーブルスペースの作成
14.5.2 InnoDB文件Per-Tableモード
14.5.3锉刀モードの有效化およびおよび化
14.5.4テーブルテーブルスペースの位置のの
14.5.5テーブルテーブルスペースの别のサーバーへの(トランスポータブルトランスポータブルスペース)
14.5.6个别のテーブルスペースへinnodb undoログの格式
14.5.7 InnoDBログファイルの数またはサイズの変更,およびInnoDBテーブルスペースのサイズの変更
14.5.8共有テーブルスペースでの原始ディスクパーティションの使用
14.6 InnoDBテーブルの管理
14.6.1 InnoDBテーブルの作用
14.6.2别のマシンへinnnodbテーブルの移移または
14.6.3トランザクションを使用したDML操作のグループ化
14.6.4 MyISAMからInnoDBへのテーブルの変換
14.6.5 InnoDBででAUTO_INCREMENT管理
14.6.6 InnoDBと外键制約
14.6.7 Innodbテーブル上の限额
14.7 Innodb圧缩テーブル
14.7.1テーブル圧缩の概要
14.7.2テーブル圧缩の有效化
14.7.3 InnoDBテーブルの圧縮の調整
14.7.4行行时の圧缩のモニタリング
14.7.5 InnoDBテーブルでの圧缩动作
14.7.6 OLTPワークロードの圧縮
14.7.7 SQL圧缩构文のの警告と
14.8 Innodbのファイル形式形式原理
14.8.1ファイル形式の有效化
14.8.2ファイルファイル形式の互换性のの
14.8.3使用されているファイル形式の識別
14.8.4ファイル形式のダウングレード
14.8.5起来のinnodbファイル形式
14.9 Innodbの行ストレージ行フォーマット
14.9.1 InnoDB行ストレージストレージの
14.9.2テーブルの行フォーマットの指定
14.9.3动态および压缩行フォーマット
14.9.4紧凑次および冗余行フォーマット
14.10 InnoDBのディスクI / Oとファイル領域管理
14.10.1 InnoDBディスクI / O.
14.10.2ファイル領域管理
14.10.3 InnoDBチェックチェック
14.10.4テーブルのデフラグ
14.10.5截断表によるディスク領域の再利用
14.11 InnoDBとオンラインDDL
14.11.1オンラインddlの概要
14.11.2オンラインddlででのパフォーマンスと并列性关键词
14.11.3オンラインddlのsql构文
14.11.4 DDLステートメントの结合并分享
14.11.5オンラインddlの例
14.11.6オンラインddlのの装の详细
14.11.7オンラインddlでのクラッシュリカバリ动作の
14.11.8パーティション化さたinnodbテーブルに対するオンラインddl
14.11.9オンラインDDLの制限
14.12 InnoDBの起动オプションおよびシステム数
14.13 InnoDBのパフォーマンス
14.13.1 Innodbバッファープールの构成
14.13.2 InnoDB相互排他ロックおよび読み取り/書き込みロックの実装
14.13.3 INNODBのためためのアロケータの成
14.13.4 InnoDB変更バッファリングのの构成
14.13.5 Innodbのスレッドスレッド并列性の成
14.13.6 InnoDBバックグラウンドi / oスレッドスレッド数码の成
14.13.7グル​​ープコミット
14.13.8 InnoDBマスタースレッドののi / oレートの构成
14.13.9 InnoDBスピンループでの暂停命令の使用
14.13.10スピンロックのポーリングのの成
14.13.11 Innodbのmysqlパフォーマンススキーマととの合
14.13.12複数のロールバックセグメントによるスケーラビリティーの向上
14.13.13 InnoDBのパージスケジューリングの構成
14.13.14 Innodbの読み取り読み取り専読み取りの最适
14.13.15チェックサムの高度化ののCRC32チェックサムサムアルゴリズムアルゴリズム使
14.13.16オプティマイザ統計
14.13.17 InnoDBテーブルに対する分析表の複雑さの推定
14.14 InnoDB INFORMATION_SCHEMAテーブル
14.14.1圧缩に关键词Innodb Information_schemaテーブル
14.14.2 InnoDB Information_schemaトランザクションおよびロックテーブル
14.14.3 InnoDB INFORMATION_SCHEMAシステムテーブル
14.14.4 InnoDB Information_schema fulltextインデックインデック
14.14.5 InnoDB Information_Schemaバッファープールテーブル
14.14.6 InnoDB Information_schemaメトリックテーブル
14.15 InnoDBモニター
14.15.1 InnoDBモニターのタイプ
14.15.2 Innodbモニターの有味
14.15.3 InnoDB标准モニターモニターロックモニターの力
14.15.4 InnoDBテーブルスペースモニターの出力
14.15.5 Innodbテーブルモニターのの力
14.16 Innodbのバックアップとリカバリ
14.16.1 InnoDBのリカバリプロセス
14.17 InnoDBとMySQLレプリケーション
14.18 InnoDBとmemcachedの統合
14.18.1 InnoDBとMemcachedのの合わせの利点
14.18.2 InnoDBおよびMemcachedのの合
14.18.3 InnoDB Memcachedプラグインの概要
14.18.4 InnoDB Memcachedプラグインプラグインのセキュリティー关键词
14.18.5 INNODB MEMCACHEDインタフェース用のアプリケーション作作作作作者
14.18.6レプリケーションでのInnoDB memcachedプラグインの使用
14.18.7 innodb memcachedプラグインプラグイン内部构造
14.18.8 InnoDB Memcachedプラグインプラグインのトラブル
14.19 InnoDBのトラブルシューティング
14.19.1 InnoDBのI / Oに関する問題のトラブルシューティング
14.19.2 InnoDBのリカバリの強制的な実行
14.19.3 Innodbデータディクショナリの操作用のトラブル
14.19.4 Innodbののエラー处原理
14.19.5 Innodbのエラーコード
14.19.6オペレーティングシステムのエラーコード
15代替ストレージエンジン
15.1ストレージエンジンの设定
15.2 myisamストレージエンジン
15.2.1 myisam verie
15.2.2キーに必要な销量
15.2.3 MyISAMテーブルのストレージフォーマット
15.2.4 myisamテーブルの问题点
15.3内存ストレージストレージ
15.4 CSVストレージエンジン
15.4.1 CSVテーブルの修复と确认
15.4.2 CSVの股
15.5档案ストレージエンジン
15.6 Blackholeストレージストレージ
15.7合并ストレージエンジン
15.7.1合并テーブルテーブルの长所と短短
15.7.2合并テーブルテーブルの问题
15.8联合ストレージエンジン
15.8.1联邦ストレージストレージエンジンの
15.8.2联邦テーブルテーブル作成方法
15.8.3联邦ストレージエンジンの注記とヒント
15.8.4联邦ストレージストレージエンジンの
15.9例ストレージエンジン
15.10ほかのストレージエンジン
15.11 mysqlストレージエンジンアーキテクチャーの概要
15.11.1プラガブルストレージエンジンのアーキテクチャー
15.11.2普通データベースサーバーレイヤー
16高可用过性拡张性
16.1 MySQL Enterprise的Oracle VM模板
16.2 DRBD / PACEMAKER / COROSYNC / ORACLE LINUXをを使したmysqlの概要
16.3 Windowsフェイルオーバークラスタリングを使使たmysqlの概要
16.4 Amazon EC2インスタンスでのMySQLの使用
16.4.1 EC2 AMIでのmysqlのセットアップ
16.4.2 EC2インスタンスの制限
16.4.3 EC2をを用したMYSQLデータベースベース设备
16.5 ZFSレプリケーションの使用
16.5.1 ZFSをを使用したファイルレプリケーション
16.5.2 ZFSレプリケーションのためのmysqlの构成
16.5.3 ZFSでのMySQLリカバリーの扱い
16.6 mysqlとmemcachedの併用
16.6.1.memcachedのインストール
16.6.2memcachedの使用
16.6.3memcachedアプリケーションの开放
16.6.4memcachedの統計の取得
16.6.5memcachedの常见问题解答
17岁
17.1レプリケーション构成
17.1.1レプリケーションレプリケーションの方法
17.1.2レプリケーション形式
17.1.3グローバルトランザクション识别子を使たレプリケーション
17.1.4レプリケーションおよびバイナリロギングのオプションと数
17.1.5一般的なな管理タスク
17.2レプリケーションの実装
17.2.1レプリケーション実装の詳細
17.2.2レプリケーションリレーおよびステータスログ
17.2.3サーバーがレプリケーションフィルタリングルールをどのように評価するか
17.3レプリケーションソリューション
17.3.1バックアップ用にレプリケーションを使用する
17.3.2异なる异なるマスターおよびスレーブスレーブエンジンでレプリケーションをを用する
17.3.3スケールアウトのためにレプリケーションを使用する
17.3.4异なる异なるデータベースを异なるスレーブに复制
17.3.5レプリケーションパフォーマンスを改善する
17.3.6フェイルオーバー中にマスターを切り替える
17.3.7 SSLを使用してレプリケーションをセットアップする
17.3.8准同レプリケーション
17.3.9遅延レプリケーション
17.4レプリケーションレプリケーションの注釈と
17.4.1レプリケーションの机构と问题
17.4.2 MySQLバージョン間のレプリケーション互換性
17.4.3レプリケーションセットアップをアップグレードする
17.4.4レプリケーションのトラブルシューティング
17.4.5レプリケーションバグまたは问题を报告方法
18 MySQL Cluster NDB 7.3およびMySQL群集NDB 7.4
18.1 MySQL集群の概要
18.1.1 mysql群集の主な概念
18.1.2 MySQL群のの,ノードノード,レプリカ,およびおよび
18.1.3 MySQL群集のの,ソフトウェア,およびネットワーク要件
18.1.4 MySQL Clusterの开启履歴
18.1.5 InnoDBを使用したMySQL服务器とMySQL集群の比較
18.1.6 MySQL集群の既知の制限
18.2 MySQL Clusterのの
18.2.1 MySQL集群自动安装
18.2.2 LinuxででMySQL群集のの
18.2.3 WindowsでのMySQL集群のインストール
18.2.4 MySQL群集のの初成
18.2.5 MySQL集群の初期起動
18.2.6テーブルとデータを含むmysql clusterのの
18.2.7 MySQL Clusterの安全なシャットダウンと再起
18.2.8 MySQL Cluster NDB 7.3のアップグレードとダウングレード
18.3 MySQL集群の構成
18.3.1 MySQL Clusterの简易テストテスト
18.3.2 MySQL群のの成ファイル
18.3.3 mysql群集构成パラメータ概要
18.3.4 MySQL集群用のMySQL Serverオプションオプション数
18.3.5 MySQL Clusterでの高速インターコネクト使の用
18.4 MySQL群集プログラム
18.4.1.NDBD.- MySQL Clusterデータデータノード
18.4.2ndbinfo_select_all- ndbinfoテーブルからの选択
18.4.3.ndbmtd.- MySQL Clusterデータデータノード(マルチスレッド)
18.4.4ndb_mgmd- MySQL Cluster管管サーバーサーバー
18.4.5.ndb_mgm.- MySQL Cluster管
18.4.6ndb_blob_tool.- MySQL ClusterテーブルテーブルBlobおよび文本カラムのチェックおよび修复
18.4.7ndb_config.- MySQL Cluster构成型报报の抽出
18.4.8ndb_cpcd- NDB开発のためのの自动化
18.4.9ndb_delete_all.——NDBテーブルからのすべての行の削除
18.4.10ndb_desc.- ndbテーブルの表示
18.4.11ndb_drop_index- ndbテーブルからのインデックスの削除
18.4.12ndb_drop_table- ndbテーブルの削除
18.4.13ndb_error_reporter.- ndbエラーレポートユーティリティー
18.4.14ndb_index_stat.——NDBインデックス統計ユーティリティー
18.4.15ndb_print_backup_file.- NDBバックアップファイルの内容内容の力
18.4.16ndb_print_file.- NDBディスクデータファイル内容内容の力
18.4.17ndb_print_schema_file.——NDBスキーマファイル内容の出力
18.4.18ndb_print_sys_file.- ndbシステムファイル内容のの力
18.4.19ndbd_redo_log_reader.- クラスタ重做ログ内容のチェックおよび力
18.4.20ndb_restore——MySQL集群バックアップのリストア
18.4.21ndb_select_all.- NDBテーブルの行のの力
18.4.22ndb_select_count- NDBテーブルの行数の力
18.4.23ndb_setup.py.- MySQL Cluster銇銇銇銇銇銇銇銇銇銇銇銇銇/銇銇/銇 -
18.4.24ndb_show_tables——NDBテーブルのリストの表示
18.4.25ndb_size.pl.- ndbclusterサイズ要件エスティメータ
18.4.26ndb_waiter.- MySQL Clusterが指定したステータスになる待机する
18.4.27 MySQL集群プログラムに共通するオプション——MySQL集群プログラムに共通するオプション
18.5 MySQL Clusterの管理
18.5.1 MySQL Clusterの动弹フェーズサマリー
18.5.2 MySQL集群管理クライアントのコマンド
18.5.3 MySQL集群のオンラインバックアップ
18.5.4 MYSQL集群ででMYSQLサーバーサーバー使用法
18.5.5 MYSQL群集のローリング再起动の行
18.5.6 MySQL Clusterで生成されたイベントレポート
18.5.7 MySQL Clusterログログ
18.5.8 MySQL群集ののシングルユーザー
18.5.9クイックリファレンス:MySQL集群のSQLステートメント
18.5.10 ndbinfo mysql群集情情
18.5.11 MySQL Clusterのセキュリティー上の问题
18.5.12 MySQL集群ディスクデータテーブル
18.5.13 MySQL Clusterデータノードのオンライン追加
18.5.14 MySQL Clusterのの布されたMySQL限额
18.5.15 NDB API统计のカウンタカウンタと数
18.6 MySQL群集レプリケーション
18.6.1 MySQL群集レプリケーション:略语と记码
18.6.2 MySQL集群レプリケーションの一般要件
18.6.3 MySQL集群レプリケーションの既知の問題
18.6.4 MySQL集群レプリケーションスキーマとテーブル
18.6.5レプリケーションのためのmysql群组の设备
18.6.6 MySQL集群レプリケーションの起動(レプリケーションチャネルが1つ)
18.6.7 2つのレプリケーションチャネルを使用するMySQL集群レプリケーション
18.6。
18.6.9 MySQL Clusterレプリケーションレプリケーション使用したMySQL群集バックアップ
18.6.10 MySQL群集レプリケーション:マルチマスターと循环レプリケーション
18.6.11 MySQL集群レプリケーションの競合解決
18.7 MySQL集群リリースノート
19パーティション化
19.1 mysqlのパーティショニングの概要
19.2パーティショニングタイプ
19.2.1范围パーティパーティ
19.2.2列表パーティショニング
19.2.3列パーティパーティ
19.2.4哈希パーティショニング
19.2.5键パーティショニング
19.2.6サブパーティショニング
19.2.7 MySQLパーティショニングによるによるの扱い
19.3パーティション经理
19.3.1范围および列表パーティションパーティション制剂
19.3.2哈希および键パーティションパーティション定理
19.3.3パーティションとサブパーティションをテーブルと交換する
19.3.4パーティションの保守
19.3.5パーティションに关键词ををする
19.4パーティションプルーニング
19.5パーティション选択
19.6パーティショニングの制約と制限
19.6.1パーティショニングショニング,主主,および一定キー
19.6.2ストレージエンジンに关键词
19.6.3关节关联
19.6.4パーティショニングとロック
20ストアドプログラムおよびビュー
20.1ストストアドプログラムの
20.2ストアドルーチン(プロシージャーと関数)の使用
20.2.1ストアドルーチンの构文
20.2.2ストアドルーチンとMySQL権限
20.2.3ストアドルーチンのメタデータ
20.2.4ストアドプロシージャー,关联,トリガー,およびlast_insert_id()
20.3トリガーの使用
20.3.1トリガートリガーの构构とと
20.3.2トリガーのメタデータ
20.4イベントスケジューラの使用
20.4.1イベントイベントスケジューラの
20.4.2イベントスケジューラのの成
20.4.3イベント构文
20.4.4イベントメタデータ
20.4.5イベントスケジューラのステータス
20.4.6イベントスケジューラとmysql幂
20.5ビューの使用
20.5.1ビューの构文
20.5.2ビュー致理性
20.5.3更新可および插入可能な
20.5.4ビューのメタデータ
20.6ストアドプログラムおよびビューのアクセスコントロール
20.7ストストアドプログラムのバイナリロバイナリロ
21 INFORMATION_SCHEMAテーブル
21.1信息_schema character_setsテーブル
21.2 Information_schema Collat​​ionsテーブル
21.3 INFORMATION_SCHEMA COLLATION_CHARACTER_SET_APPLICABILITYテーブル
21.4 Information_schema列テーブル
21.5 INFORMATION_SCHEMA COLUMN_PRIVILEGESテーブル
21.6 Information_schema发动机テーブル
21.7 Information_schema事件テーブル
21.8 Information_schema global_statusおよびsession_statusテーブル
21.9信息_schema global_variablesおよびsession_variablesテーブル
21.10 Information_schema key_column_usageテーブル
21.11 INFORMATION_SCHEMA OPTIMIZER_TRACEテーブル
21.12 Information_schema参数テーブル
21.13 Information_schema分区テーブル
21.14 Information_schema插件テーブル
21.15 Information_schema processlistテーブル
21.16 Information_schema profilingテーブル
21.17 Information_schema参考_Constraintsテーブル
21.18 INFORMATION_SCHEMA例程テーブル
21.19 Information_schema schemataテーブル
21.20 Information_schema schema_privilegesテーブル
21.21 Information_schema统计テーブル
21.22 Information_schema表テーブル
21.23 Information_schema表空间テーブル
21.24 Information_schema table_constraintsテーブル
21.25 INFORMATION_SCHEMA TABLE_PRIVILEGESテーブル
21.26 INFORMATION_SCHEMA触发テーブル
21.27 Information_schema user_privilegesテーブル
21.28 Information_schema视图テーブル
21.29 InnoDBの信息_Schemaテーブル
21.29.1 Information_schema Innodb_cmpおよびinnodb_cmp_resetテーブル
21.29.2 INFORMATION_SCHEMA INNODB_CMP_PER_INDEXおよびINNODB_CMP_PER_INDEX_RESETテーブル
21.29.3 Information_schema Innodb_cmpmemおよびinonodb_cmpmem_resetテーブル
21.29.4 Information_schema Innodb_trxテーブル
21.29.5 Information_schema Innodb_locksテーブル
21.29.6 Information_schema Innodb_lock_waitsテーブル
21.29.7 INFORMATION_SCHEMA INNODB_SYS_TABLESテーブル
21.29.8 Information_schema Innodb_sys_indexesテーブル
21.29.9 Information_schemaInnodb_sys_columnsテーブル
21.29.10 Information_schema Innodb_sys_fieldsテーブル
21.29.11信息_schema innodb_sys_foreignテーブル
21.29.12 Information_schemaInnodb_sys_foreign_colsテーブル
21.29.13 INFORMATION_SCHEMA INNODB_SYS_TABLESTATSビュー
21.29.14 Information_schema Innodb_sys_datafilesテーブル
21.29.15 Information_schemaInnodb_sys_tablespacesテーブル
21.29.16 Information_schema Innodb_buffer_pageテーブル
21.29.17 Information_schema Innodb_buffer_page_lruテーブル
21.29.18 Information_schema Innodb_buffer_Pool_Statsテーブル
21.29.19 INFORMATION_SCHEMA INNODB_METRICSテーブル
21.29.20 Information_schema Innodb_ft_configテーブル
21.29.21 Information_schema Innodb_ft_default_stopwordテーブル
21.29.22 INFORMATION_SCHEMA INNODB_FT_INDEX_TABLEテーブル
21.29.23 INFORMATION_SCHEMA INNODB_FT_INDEX_CACHEテーブル
21.29.24 Information_schema Innodb_ft_deletedテーブル
21.29.25 INFORMATION_SCHEMA INNODB_FT_BEING_DELETEDテーブル
21.30 MySQL集群のINFORMATION_SCHEMAテーブル
21.30.1信息_schema文件テーブル
21.30.2信息_schema ndb_transid_mysql_connection_mapテーブル
21.31スレッドプールの信息_schemaテーブル
21.31.1 INFORMATION_SCHEMA TP_THREAD_STATEテーブル
21.31.2信息_schema tp_thread_group_stateテーブル
21.31.3信息_schema tp_thread_group_statsテーブル
21.32显示ステートメントステートメント拡张
22 mysqlパフォーマンススキーマ
22.1パフォーマンススキーマクイックスタート
22.2パフォーマンススキーマ构成
22.2.1パフォーマンススキーマビルド构成
22.2.2パフォーマンススキーマ起动成
22.2.3パフォーマンススキーマ実行時構成
22.3パフォーマンススキーマクエリー
22.4パフォーマンススキーマインストゥルメント名目。规则
22.5パフォーマンスパフォーマンススキーマステータス
22.6パフォーマンススキーマのの子的および分子的イベント
22.7パフォーマンススキーマステートメントダイジェスト
22.8パフォーマンススキーマの一般的なテーブル特性
22.9パフォーマンスパフォーマンススキーマテーブルの明
22.9.1パフォーマンススキーマテーブルインデックス
22.9.2パフォーマンススキーマセットアップテーブル
22.9.3パフォーマンススキーマインスタンステーブル
22.9.4パフォーマンススキーマ待機イベントテーブル
22.9.5パフォーマンススキーマステージイベントテーブル
22.9.6パフォーマンススキーマステートメントイベントテーブル
22.9.7パフォーマンスパフォーマンススキーマ接続
22.9.8パフォーマンスパフォーマンススキーマ接続属性
22.9.9パフォーマンスパフォーマンススキーマサマリー
22.9.10パフォーマンスパフォーマンススキーマのその他の
22.10パフォーマンススキーマオプションおよびおよびリファレンス
22.11パフォーマンススキーマコマンドオプション
22.12パフォーマンススキーマシステム数
22.13パフォーマンススキーマステータス数
22.14パフォーマンススキーマとプラグイン
22.15问题问题を诊断するためのパフォーマンススキーマの用
23连接器およびAPI
23.1 MySQL连接器/ ODBC
23.2 MySQL连接器/网
23.3 mysql连接器/ j
23.4 MySQL连接器/ C ++
23.5 MySQL连接器/ Python
23.6组み込みmysqlサーバーサーバーlibmysqld
23.6.1 libmysqldによるプログラムのコンパイル
23.6.2組み込みMySQLサーバーを使用する場合の制限
23.6.3组み込みサーバーとオプション
23.6.4组み込みサーバーの例
23.7 MySQL C API
23.7.1 MySQL C APIの装配
23.7.2 MySQLサーバーとMySQL连接器/ Cの同時インストール
23.7.3 C APIクライアントプログラムの例
23.7.4 C APIクライアントクライアントプログラムの构筑と行
23.7.5 C APIデータ構造
23.7.6 C API関数の概要
23.7.7 C API关断
23.7.8 c apiプリペアドステートメント
23.7.9 C APIプリペアドプリペアドステートメントデータ
23.7.10 C APIプリペアドステートメント関数の概要
23.7.11 c apiプリペアドステートメント关键
23.7.12 C APIスレッド関数の説明
23.7.13 C API组み込みサーバー关键
23.7.14 c apiクライアントプラグイン关联
23.7.15 C APIを使用する場合の一般的な質問と問題
23.7.16自動再接続動作の制御
23.7.17分数ステートメント実行のc apiサポート
23.7.18 C APIプリペアドステートメントの問題
23.7.19 C APIプリペアドステートメントのの値値经理
23.7.20 C APIのプリペアド呼叫ステートメントステートメントの
23.8 MySQL PHP API
23.9 MySQL Perl API
23.10 MySQL Python API
23.11 MySQL Ruby API
23.11.1 MySQL / Ruby API
23.11.2 Ruby / MySQL API
23.12 MySQL TCL API
23.13 MySQL埃菲尔ラッパー
24 mysqlの拡张
24.1 MySQLの内部仕様
24.1.1 mysqlのスレッド
24.1.2 mysqlテストスイート
24.2 mysqlプラグインapi
24.2.1プラグインAPIの特徴
24.2.2プラグインAPIのコンポーネント
24.2.3プラグインのタイプ
24.2.4プラグインの作作
24.2.5プラグインのためのmysqlサービス
24.3 mysqlへの新闻关有关部
24.3.1ユーザー定义关键词机械
24.3.2新しいユーザー定義関数の追加
24.3.3新しい关联数目
24.4 MySQLのデバッグおよび移植
24.4.1 mysqlサーバーのデバッグ
24.4.2 mysqlクライアントのデバッグ
24.4.3 dbugパッケージ
25 MySQL企业版
25.1 MySQL Enterprise Monitor
25.2 MySQL企业备份
25.3 MySQL企业安全
25.4 MySQL Enterprise加密
25.5 MySQL Enterprise Audit
25.6 MySQL Enterprise Thread Pool
26 MySQL工作台
一个mysql 5.6のよくある质问
. MySQL 5.6 FAQ:全般
a . MySQL 5.6 FAQ:ストレージエンジン
A.3 MySQL 5.6常见问题:サーバーsqlモード
A.4 MySQL 5.6常见问题:ストアドプロシージャーおよびストアドファンクション
本MySQL 5.6 FAQ:トリガー
A.6 MySQL 5.6常见问题:ビュー
A.7 MySQL 5.6常见问题:Information_schema
A.8 MySQL 5.6常见问题:移行
A.9 MySQL 5.6常见问题:セキュリティー
MySQL 5.6 FAQ: MySQL集群
A.11 MySQL 5.6常见问题:mysqlの中国语,日本语,およびおよび国语の文库セット
A.12 MySQL 5.6常见问题:コネクタおよびAPI
A.13 MySQL 5.6常见问题:レプリケーション
A.14 MySQL 5.6 FAQ: MySQLエンタープライズスケーラビリティースレッドプール
Bエラー,エラーコード,および一般的な問題
B.1エラー情情のソース
B.2エラー値のタイプ
B.3サーバーのエラーコードおよびメッセージ
B.4クライアントクライアントのエラーコードコードおよび
B.5问题および一流的なエラー
B.5.1問題の原因を判別する方法
B.5.2 MySQLプログラム使用时の一般的なエラー
B.5.3インストール关键词
B.5.4应当关键词
B.5.5クエリー关键词の
B.5.6オプティマイザ关键词
B.5.7テーブル定义关键词
B.5.8 MySQLの既知の問題
c mysqlリリースノート
D制约と股
D.1ストアドプログラムの制约
D.2条件致理性のの
d.3サーバー侧のカーソルの制约
D.4サブクエリーの制约
D.5ビューの制约
D.6 XAトランザクションの制約
D.7文字セットの制約
D.8パフォーマンススキーマの制約
D.9プラガブルな认证の制约
D.10 MySQLでの制
D.10.1综合性の
D.10.2データデータベースおよびテーブルテーブル数量
D.10.3テーブルサイズの制限
D.10.4テーブルカラム数と行サイズの制限
D.10.5 .FRMファイル构造により课せられる限制
D.10.6 Windowsプラットフォームの限额
mysql用手
Eサードパーティーコンポーネントライセンス
E.1 ANTLR 3ライセンス
E.2艺术ライセンス(Perl)1.0
E.3提高ライブラリライセンス
E.4 DTOA.Cライセンス
E.5编辑线ライセンス(libedit)ライセンス
E.6 Editlineライセンス(libedit)ライセンス
E.7期望.PMライセンス
E.8 Facebook快速校验和补丁ライセンス
E.9 Facebook补丁ライセンス
E.10 findgtest.cmakeライセンス
E.11 Fred Fish的DBUG库ライセンス
E.12 getargライセンス
E.13 Gmockライセンス
E.14 GNU通用公共许可证バージョン2.0,1991年6月
E.15 GNU通用公共许可证バージョン3.0,2007年6月29日およびgcc运行时库例外バージョン3.1,2009年3月31日
E.16 GNU较少公共许可证バージョン2.1,1999年2月
E.17 GNU libtoolライセンス
E.18 GNU Readlineライセンス
E.19 GNU标准C ++ライブラリ(libstdc ++)ライセンス
E.20谷歌控制主线程I / O Rate Patchライセンス
E.21 Google Perftools(TCMallocユーティリティー)ライセンス
E.22 Google SMP补丁ライセンス
E.23詹森ライセンス
E.24 lib_sql。ccライセンス
E.25 Libeventライセンス
E.26 Linux-Pamライセンス
E.27 MD5(メッセージダイジェストアルゴリズム5)ライセンス
E.28 memcachedライセンス
e.29 memcached.pmライセンス
E.30 MKPASSWD.PLライセンス
E.31 Node.jsライセンス
E.32 NT_SERVC(Windows NT服务クラスライブラリ)ライセンス
E.33 OpenPAMライセンス
E.34 OpenSSL v1.0ライセンス
E.35 Paramikoライセンス
E.36 Percona多重I / Oスレッドパッチライセンス
e.37 pionライセンス
E.38 Pythonライセンス
E.39 Red Hat RPM规范ファイルライセンス
E.40 Regex-Spencerライブライブ
E.41 Richard A.O'Keefe文章列列ライブ
E.42 sajsonライセンス
E.43 sha - 1 Cライセンス
E.44 Unicodeデータファイル
E.45 V8ライセンス
E.46 zlibライセンス
全般的な索引
C关节数の
コマンドの索引
关键词
INFORMATION_SCHEMAの索引
结合型の索引
演算子の索引
オプションの索引
SQLモードの索引
ステートメント/构文の索引
ステータスステータス数の索引
システムシステム数の索引
トランザクション分享レベルのインデックス